「サキカ……?」レイ

2018-04-10 15:16

 「サキカ……?」レイトが心配そうに声をかけてきてくれるが、それに答える余裕が今のサキカにはない。──振り返りたい。もう一度、あの頃のように、あの人達と濁りな醫美醫生笑顔で会話をかわし、楽しい毎日を過ごしたい。短い間ではあったが、自分を愛してくれたあの人達と。約十年間溜めつづけた思いが、サキカの心の中を駆け巡った。それと同時に、昔抱いていた憎しみの感情を思い出す。──殺したいと思うほどに、彼女らに憎悪を抱いていた頃もあった。しかし、今は恨んでも憎んでもいない。今はただ、悲しくて寂しいだけだ。手が真っ白になるほど、爪が食い込んで血が滲むほど、手を握りしめた。同時に唇を強く噛む。鉄のような味が口一杯に広がった。背後からは、ライティスとあの女性の会話が聞こえて来る。──他愛ない、親子の会話。それは、サキカはたった三、四年という短い間しかすることのできなかったこと。ライティスに嫉妬している自分に気が付き、自分自身に腹が立つ。「────っ……もしか、して」ガイアはそれに気が付いてしまったようだ。──あの女性とライティスと名乗った少年とサキカの関係に────。「サキカ……」 ガイアが複雑そうな表情を見せた。「このままでいいのか……?」レイト達にはその言葉の意味がわからなかっただろう。しかしサキカにはそれが理解できた。サキカの心が揺さ振られる。込み上げてきた涙を強く目をつぶることで誤魔化して、サキカは首を縦に振った。──再びあの頃のような生活を送りたいと、何度願っただろうか。優しい声と笑顔を思いだし、何度涙を流したことだろうか。しかし、どれだけ願おうが何度泣こうが、サキカにあの頃の生活が帰ってくるわけがないのである。.

「版权声明:多维客是一个汇聚各方言论的平台,所述观点不代表本网立场。如有侵权文章或者图片,请立即联系我们。」

眼界

着眼IT、数码、创业、AI及软件应用等众多领域,为您展现全球最先进、最前沿的科学技术和先进文明成果。

评论

【声明】评论应与内容相关,如含有侮辱、淫秽等词语的字句,将不予发表。

推荐阅读