奥さんに言われて、健太郎が頭を下げる。 「そ

2018-03-08 04:30

"奥さんに言われて、健太郎が頭を下げる。


「それじゃ遠慮なく。あざっす。」

「あざっす。」


俺も頭を下げた。

奥さんが鍵を取り出した。


「じゃあ瑞穂ちゃん、これが部屋の鍵。スペア 、ふたつね。」

「あ、はい。ありがとうございます。」

「それじゃ荷物運んじゃいます!」

東京買樓

俺はそう言うと、トラックを寮に移動させた。

健太郎と彼女、社長と奥さんは歩いてくる。



トラックを降りて振り向いた俺はプッと吹き出した。夕便班の面々、但、イチさん、直樹さん

それにプロレスラーとの二足のわらじ、縦横がデカい沖田 臣(しん)がいつの間にかそこにいる。


「…何やってんの?」

「手伝ってやろうという心遣い。」


直樹さんが答える。


「へぇ珍し!そんなに荷物多くないけどね。」


笑いながら荷室の扉を開けていると健太郎たち4人が合流した。


夕便班が簡単に自己紹介をして、手伝うと申し出ると


「え!皆さんにまで手伝っていただく訳には!!」


と、彼女が言った時。

沖田がずんずんと彼女の前に立ち、その大きな手で彼女の頬をガシッと掴んだ。


周りの人間は呆気にとられる。

彼女本人も目を丸くして、ブーという顔で沖田のされるまま顔を右、左と振っている。


みんなが止めようと沖田の腕を掴んだりするがビクともしない。

すると沖田が彼女に顔をぐいっと近付けて…観察。


「あんたが新入りか。ふ~ん。わりとおっぱいデカいから合格。顔は…フフン……いいな。鼻がちょっと低いぞ。」


その瞬間、彼女が眉をひそめ、足を振り上げる。


「うがっ!!」


沖田の手が離れた。






「いったぁ~い!!」


私は頬をパタパタしながら跳び跳ねた。目の前にはうずくまった大男。

自己防衛のために大男の急所を蹴り上げたのだ。

その瞬間、男性陣は全員が顔をしかめ、『アーゥ!!』と呻いた。


「ダイジョブかっ!?」


隆也さんが大男の腰の辺りを叩いている。


「クソーッ!!」


大男が叫ぶと、男性陣が声を揃える。


『お気の毒~。』"


「版权声明:多维客是一个汇聚各方言论的平台,所述观点不代表本网立场。如有侵权文章或者图片,请立即联系我们。」

政闻

以政治新闻为话题,围绕高层政要,聚焦热点政治事件、中共内幕、高层动态以及对时局走向的深入剖析。

评论

【声明】评论应与内容相关,如含有侮辱、淫秽等词语的字句,将不予发表。

推荐阅读